シアリスの箱

シアリスは、数あるED治療薬の中で抜群に効果が続くという点で話題になっているまさに革命児的存在です。そんなシアリスに興味があるという方は是非ご覧下さい。オススメの購入先なども掲載しております。

シアリスを激安で使う方法と妊娠への影響

シアリスは妊娠に悪影響がないシアリスは、病院処方では10mg錠が1,700円、20mg錠が1,800円と高めの薬です。1錠あたり2,000円近くかかってしまうのは、ED治療薬は保険適用外の薬だからです。
薬価基準未収載の薬に分類されているものは、薬価が決められていないので、どこの医療機関に行っても自由診療で全額自己負担での処方になってしまいます。
安全性を考えれば医療機関で処方してもらうのがベストなのですが、そんなにお金が使えないという人は、ネット通販の薬を利用すると激安でシアリスと同様の効果を得られる薬が手に入ります。
違法な方法ではなく、ちゃんと合法なので安心していいです。
激安で使うには、ネット通販の個人輸入でシアリスのジェネリック薬を購入して使うという方法があります。シアリスのジェネリック薬には、1錠あたり20mg錠で200円程度で販売されているものもあります。
個人輸入は海外の販売者から、個人利用の目的でのみ輸入する方法です。譲渡や転売をしてしまうと違法にあたるので、注意しましょう。
この方法ならば、9分の1程度の出費でシアリスとして使えるので、激安でED治療をすることができます。ただし、個人輸入の薬には偽物や粗悪品が多いので、信頼できる業者から買うようにしましょう。
本物のシアリスやシアリスジェネリックを使った場合には、妊娠への悪影響はありません。あくまで男性の体内の血流が改善して勃起しやすくなる作用なので、女性にも胎児にも影響はないとされています。
影響がないとはいえ、薬を使うことを気にする女性もいるでしょうから、薬を飲んでいることを伝えておいたほうがいいでしょう。そのほうがあとでトラブルにならずに済みます。

シアリス関連記事